Login
RSS Feed

汗と体臭


自分の汗や体臭が、気になることは誰にでもあることだと思います。汗にも種類があり、大きく分けると2つに分けられます。
ひとつはエクリン線から出る汗です。この汗は、全身の汗で、手のひらと足の裏多く、臭いも色もありません。緊張したときや、暑い時などに出てくる汗です。

もうひとつは、アポクリン線から分泌される汗です。この汗は、乳輪、脇の下、耳、へそ、陰部のみから分泌されます。緊張や暑さに関係なく、いつも少量づつ分泌され続けています。臭いはないのですが、色は黄色です。問題なのが、この汗と雑菌が混じった場合、臭いを発することがあり、これが「わきが」といわれるものです。ほとんどの日本人は、このアポクリン腺があまり発達していませんが、中には家系的に発達している人たちがいます。
汗かきだから体臭があるわけではなく、エクリン腺からの汗の量が多いだけです。体臭の元である、アポクリン腺からの汗が、わきがなどの体臭の元となっているのです。わきがでもないのに、体臭がある人は、皮膚の皮脂が酸化して臭いを発しているだけです。この場合は、きちんと頭皮や身体を洗うと臭いを防げます。
足の臭いだけは、エクリン腺からの汗ですが、靴や靴下で角質がふやけたところに雑菌が繁殖して臭うのです。足は通気を良くして、よく洗うことです。ストッキングなどは蒸れやすいので避けられるのなら避けて、靴下などはナイロン製よりも通気性の良い綿のものが理想です。

No tags.
  • Trackbacks
  • Comments
  • Comments are disabled.
  • Trackbacks are disabled.