Login
RSS Feed

虫刺され


虫刺されは、誰でも経験することです。ありふれたものですが、掻き壊したり、そこにばい菌が入ったりして治りが遅くなったり、あとが残ったりするので、きをつけましょう。

虫に刺されたら、まず、掻かないことです。掻くと、皮膚は余計に痒みを感じてしまい、さらに掻いてしまい、どんどん悪化してしまいます。しかしながら、痒みを我慢するのは難しいことです。痛みより痒みの方が、我慢できにくい感覚といわれています。
痒みを和らげるためには、冷やします。痒みというものは、温めると更に痒くなり、冷すと痒みが引きます。痒みを誘発する物質が血液で運ばれ、血行が良くなると更に痒くなるのです。お風呂は痒みを強めるので、虫刺されがたくさん出来たときは入らないで、ぬるいシャワーくらいにしたほうがいいでしょう。アルコールを摂取したときや、運動なども血流をよくするので、痒みがあるときには、控えたほうがいいでしょう。
虫刺されのかゆみ止めの塗り薬としては、皮膚科で出されるものより、市販のものの方が即効性があります。抗ヒスタミン剤、メントール、カプサイシンなどが痒みを抑えてくれます。強い痒みには、局所麻酔役を配合した市販薬もあります。
これらの薬を使って、掻かないで痒みをなんとかやり過ごせば、自然と虫刺されは治るのです。
困るのは、虫刺されを掻いて、ばい菌が入り、化膿したときです。膿が出たり、腫れたりもします。子供の場合は、そこから「とびひ」になり、身体のあちこちに水泡ができたりします。こうなれば、受診しなければなりませんが、虫刺されは掻かないこと、かゆみ止めを塗ること、これに尽きます。

No tags.
  • Trackbacks
  • Comments
  • Comments are disabled.
  • Trackbacks are disabled.