Login
RSS Feed

手荒れ・ひび割れ


手全体がカサカサしたり、ひび割れたり、日常生活で頻繁に使う手は、一度荒れてしまうとなかなか治りにくいものです。水に触るたびに、ひび割れの部分がしみて、本人はとても苦痛を感じるものですが、生活をとおしての病気なので、気をつけることで症状を抑えていくことjは可能なのです。ただ、なんの対処もしないで生活していると、皮がめくれていて赤剥けの状態になったり、指紋が消えたり、どんどん他の指にも広がっていきます。早めの対処をおすすめします。
皮膚に刺激を与えないのが一番なのですが、手はいつも何かに触れている状態です。荒れてしまった手は、角質のバリヤー機能が失われてしまっているので、水どころか紙や木に触っても刺激を受けて、どんどん荒れがひどくなるという悪循環に陥ってしまいます。昼間、塗り薬をつけても、物を触るたびにベタベタがつき、手を洗ったり、水仕事の度に薬が落ちてしまい、とても不便です。
まず、手の保護を徹底することからです。水仕事の際には必ずゴム手袋を使います。決して、洗剤を素手では触らないでください。野菜などを洗う際も、泥やアクなどでも刺激になってしまうため、ポリエチレンなどの薄手の使い捨て手袋を使います。
角質のバリアー機能が壊れてしまっている間は、水に濡れるだけでもセラミドなどの潤い成分が流れ出してしまいます。手を濡らす、洗うことを、今までより少なくするように心がけましょう。水に濡れることをした場合は、すぐに水を拭き取りハンドクリームを塗りましょう。ここまでが、自分でできるケアです。
ここまで頑張ってみて治らなければ、皮膚科を受診し、治療を受けましょう。保湿をして、ステロイドを使うことになると思います。手の皮膚は、他の皮膚に比べて厚いので、ステロイドの副作用も現れにくくなっています。

No tags.
  • Trackbacks
  • Comments
  • Comments are disabled.
  • Trackbacks are disabled.