Login
RSS Feed

脂漏性皮膚炎


脂漏性皮膚炎の症状としては、鼻の周りなど、皮脂の多いところにでき、赤くなったり、皮がめくれたりします。頭皮にもできることがあり、フケや痒みの原因だったりします。フケ症の多くは、脂漏性皮膚炎です。

この脂漏性皮膚炎のできる原因はわかってはいませんが、皮脂が酸化して過酸化脂質になったり、そこに雑菌が繁殖したりすることが原因ではないかといわれています。季節の変わり目や、ストレス、食生活の偏りなどで、悪化することがあります。
スキンケアとしては、洗顔は敏感肌用のものを使い、保湿は油分の少ないものを使いましょう。脂漏性皮膚炎になると、皮がめくれるため、乾燥していると勘違いしてしまう人がいます。脂漏性皮膚炎は皮脂の多いところにでき、乾燥性の皮膚炎は口元を中心にできます。保湿はセラミドやヒアルロン酸配合の美容液で水分を中心に補給しましょう。皮がめくれていても、剥いたり、こすり落とさないでください。
頭皮は、普通にシャンプーし、ドライヤーの使用時には頭皮に直接風を当てないようにしましょう。地肌が乾燥するとフケが増えます。乾燥が酷いときには、椿油などで保湿します。
痒みが強い場合には、皮膚科を受診しましょう。皮膚科では、痒みに対してステロイド剤を使うことがありますが、顔への使用は副作用が出やすいため、頻繁に使うのはやめましょう。抗生物質の内服をすることもあります。ビタミンB2の不足でも脂漏性皮膚炎を起こすこともありますので、ビタミン剤の服用も有効な場合があります。

No tags.
  • Trackbacks
  • Comments
  • Comments are disabled.
  • Trackbacks are disabled.