Login
RSS Feed

ステロイド


ステロイドと聞くと、悪いイメージばかりが浮かんでしまう人もいるでしょう。ステロイドには劇的な効果もあり、副作用が現れることもあるということです。
ステロイドとは、副腎皮質ホルモンのことを指します。飲み薬、塗り薬、注射などがあります。炎症を抑える効果が非常に高く、この薬でなければ症状が良くならないこともあります。重度の喘息の発作などには、ステロイドでなければ抑えきれないものもあるのです。また、アトピー性皮膚炎の強い痒みには、ステロイドが特効薬となるのです。このように、ステロイドでなければならない場面も多々あります。ただ、このステロイドも薬ですので、長く使いすぎたり、量を多く使いすぎると副作用が現れます。
副作用といっても、長く使い続けた場合です。連続で使用した場合にも現れやすくなりますので、主治医の先生と相談のうえで、何日か使用したら1日休むなどということになると思います。皮膚に塗ったときの副作用としては、皮膚が黒ずんできたり、皮膚が薄くなったり、菌に対する抵抗力が弱まり、ニキビなどのトラブルに見舞われる、などの様々な症状が現れます。
ステロイドを怖がって使わない人がいますが、痒みに我慢できず激しく掻いてしまったり、夜も眠れないなどということでは、皮膚もいたんでしまいますし、心身ともに疲れ果ててしまい具合が悪くなってしまいます。掻いたところから傷になって、さらに悪くなることもあります。短期間に治るのがわかっている虫刺されなどは、ステロイドをさっと使ってさっと治すのが賢い方法というものです。アトピー性皮膚炎のように長引くようなものであれば、大変な思いを我慢せず、ステロイドを使って、なんとかやり過ごしたほうがいいのではないでしょうか。

No tags.
  • Trackbacks
  • Comments
  • Comments are disabled.
  • Trackbacks are disabled.