Login
RSS Feed

大人のアトピー


大人のアトピー性皮膚炎が増えています。子供の頃は大丈夫だったはずなのに、成人してから急にアトピー性皮膚炎になる人たちが、増えてきています。都心に住む人たちに多く見られるので、環境汚染と関係あるのかもしれません。
子供のアトピー性皮膚炎は、食物アレルギーjからの発症が多くみられますが、大人のアトピー性皮膚炎は食物アレルギーと関係のないことが多いので、除去していく対象を絞れません。ですから、余計に厄介です。
大人のアトピー性皮膚炎の特徴は、顔を中心に症状が現れやすいということです。目の周りのカサカサした症状から始まり、それが顔中に広がっていき、首、手の指にまで症状が広がっていくのです。痒みも個人差はあるようですが、かきむしったり、夜も眠れないほどの痒みのある人もいるようです。
アトピー性皮膚炎というのは、薬で簡単に治るわけではないので、つらい症状を抑えつつ、日常生活を見直す、ということに尽きるかもしれません。痒みをコントロールするのは難しく、かゆみ止めを服用したり、ステロイド剤を塗ったりすると、多少は痒みは引きますが、それも一時的なものですので、また痒くなるの繰り返しになります。ステロイド剤は、長く使いすぎると副作用の心配も出てきます。
アトピー性皮膚炎との付き合い方としては、皮膚科の治療として副作用が出ない程度にステロイド剤を使いつつ、自然に治るのを待つということでしょうか。大人のアトピー性皮膚炎は、何年かかけて自然に治ることが多いため、できるだけ健康な生活をしてやり過ごのが大切です。

No tags.
  • Trackbacks
  • Comments
  • Comments are disabled.
  • Trackbacks are disabled.