Login
RSS Feed

肌あれとケア


肌荒れとは、どのようなものを指すのでしょうか。ニキビやじんましんのことを、肌荒れという人もいます。ここでは、肌が乾燥してカサカサしたり、痒くなったりのこととして、説明します。
肌あれには、皮膚の内側からのものと、外からの刺激による外側からのものの、2種類に分けられます。
女性に多いのは、外からのスキンケア時の刺激による肌荒れです。クレンジングの刺激によるものが、多く見られます。クレンジングの刺激は、洗顔料より強く、清浄力が強いため、肌への負担が大きくなります。よく落ちるオイルタイプのクレンジングですが、オイルは洗浄力が強い分、肌への負担も大きくなってしまいます。敏感肌の人などは、クリームタイプのクレンジングが安心です。ただ、洗い流すものを選んでください。拭き取りタイプのものは、刺激の強いものが多いので、気をつけてください。クリームタイプでもクレンジングしながら、ついでにマッサージしたりすると、かなりの刺激となり肌荒れの原因になりますので、早く洗い流しましょう。
ほかには、日焼け止めクリームも、肌荒れの原因になっていることがあります。この日焼け止めクリームは、2種類あります。紫外線吸収剤配合のものと、散乱剤配合のものです。紫外線吸収剤配合のものの方が、種類も多く、SPF値の高いものが多いのですが、肌への負担も高く肌荒れを起こすこともあります。この2種類を、上手に使い分けることができればいいですね。
もう一種類の肌荒れの原因、体内からの不調によるものについては、ストレス、寝不足、胃腸のトラブルなどによるかもしれません。健康でないと、肌荒れもしやすく、体内の不調が外見に現れてくることもあります。いつものこと、と気にしないで放っておくと、少しづつ進行していくことがあるかもしれません。肌の不調は身体の不調と考えて、規則正しい生活を送るようにしましょう。

No tags.
  • Trackbacks
  • Comments
  • Comments are disabled.
  • Trackbacks are disabled.