Login
RSS Feed

タコ、ウオノメ


「たこ」とは、足の裏や指などにできる硬くなった部分のことです。皮膚に対して圧力がかかると、防御本能から皮膚が硬く厚くなります。バイオリンなどの弦楽器を弾く人の指には、弦を押える指の部分にタコができていますよね。ペンだこも同じようなものです。
たこは、痛くも痒くもないのですが、どんどん厚くなってくると、特に足の裏は乾燥してヒビが入ったりすることがあります。入浴時に軽石でこすって過剰な角質っを落とし、クリームを塗っておくと悪化しません。歩いて体重がかかれば、また角質が厚くなりますので、マメな手入れが必要です。化繊の靴下などは、皮膚を乾燥させるので避けるようにしましょう。
ウオノメも身体の重みがかかるところにできるのですが、痛みを感じるのがたこと違うところです。固い芯のようなものが皮膚の中にできて、どんどん奥に入っていってしまうために、歩くたびに、芯が突き刺さる鋭い痛みが生じます。
このウオノメは、歩く姿勢や靴の選び方などによる骨の変形から生じるものです。骨の変形の場所などによって、でき方も違います。皮膚科では、芯をカミソリやメスで削る治療するのが一般的ですが、削ってもすぐに再発してしまいます。あまりに激しく痛む場合には、手術が必要になります。
また、痛い部分をかばいながらの生活を続けると、身体に無理が生じてきて膝や腰が悪くなったり、頭痛が生じることもあります。
再発を抑えたり、防ぐためには、足に対して無理な負担をかけないようにすることです。高いヒールの靴、細すぎる靴、歩き方の癖、荷物の持ち方の癖、などが骨を変形させる原因になります。日頃から、少しづつ気をつけたいものですね

No tags.
  • Trackbacks
  • Comments
  • Comments are disabled.
  • Trackbacks are disabled.